homediホメディ

在宅医療に関わる皆様に
お役立ていただくための
情報サイト「homedi」

私たちの
こだわり介護

訪問リハビリテーション編「リハビリで創る明日の生活 ~ひとり一人を大切に~」
医療法人生寿会 かわな病院訪問リハビリセンター

私たちかわな病院訪問リハビリセンターでは、『リハビリで創る明日生活、ひとり一人を大切に』を基本理念としてサービスを提供しています。

それでは、まずはじめに「訪問リハビリテーション・サービス」についてご紹介します。

訪問リハビリは、身体機能の維持・向上、日常生活動作(ADL)の向上、趣味・社会参加の促進を目的とします。通院などが困難な方のご自宅に、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士といった国家資格を持つリハビリ専門職がお伺いして、機能回復訓練や日常生活動作(ADL)訓練を行うサービスです。

訪問リハビリの最大の特徴は、ご自宅など高齢者が実際に生活している場で、日常生活を営む為に必要なリハビリを受けられる点です。本人のみならず、そのご家族も一緒に、リハビリの観点から療養上必要とされることについて指導やアドバイスを受けられることも大きなメリットとなっています。訪問リハビリでは、主治医やケアマネ等の関連職種と積極的に連携を図りながら、チームの一員としてその専門性を発揮しています。

たとえば、こういうことで困っていませんか?

  • 通院が困難なので、自宅でリハビリを受けたい…
  • 退院・退所後で自宅での生活が不安…
  • 車椅子への移乗やトイレ・入浴など日常の介助で必要な動作を練習したい…
  • 福祉用具や住宅改修のアドバイスが欲しい…

こんな時に気軽にご相談いただければと思います。

訪問リハビリの具体的な内容をご紹介します

病状の観察

バイタルチェック(体温、脈拍、呼吸、血圧測定等)・病状の観察や助言・精神面の健康状態の確認と助言・介助者の健康状態の確認と助言、再発予防と予後予測などを行います。

日常生活への指導・助言・支援
  • 身体機能(筋力、柔軟性、バランス等)の維持、改善
  • 福祉用具または補装具、住宅改修の評価と助言
  • 日常生活動作(ADL)、生活の質(QOL)の向上や趣味、社会参加促進のための助言
    例)トイレ・入浴などご自宅でお困りの動作練習を行います。
在宅で安全に食べるための嚥下評価訓練・助言やコミュニケーションの改善を目指し、ことばに関するリハビリも行います。(失語症、構音障害、高次機能障害)
介護相談

療養生活、家族への介護指導、精神的な支援・福祉制度ご利用についての助言やご相談もお受けします。

私たちかわな病院訪問リハビリセンターでは、ご利用者様、ご家族様の希望に添えるように、退院後の生活に不安がある方の機能訓練や日常生活動作訓練から、がん末期や難病など医療依存度が高い方も、医師や看護師、ケアマネ-ジャーと連携をとり、在宅での生活を最期まで全力で支援しています。

「住み慣れたご自宅で、自分らしく安心して過ごしたい。」といった希望を叶えるため、リハビリテーション専門職(理学療法士等)がご自宅にお伺いし、健康管理、身体機能の維持・向上、トイレ動作・入浴動作などの日常生活動作の維持・向上、手すりや福祉用具の提案、家族への介助指導をさせて頂いています。