homediホメディ

在宅医療に関わる皆様に
お役立ていただくための
情報サイト「homedi」

私たちの
こだわり介護

福祉用具貸与・特定福祉用具販売編
ず~っと我が家で、安心、安全、快適に
株式会社研ライフケア 近藤 靖子

介護保険のサービスを利用して、以前と同じように日常生活をし、介護の手間を軽減できる制度があります。

福祉用具貸与

介護保険でレンタルできる福祉用具は要介護度によって制限があり、居宅サービス計画(ケアプラン)で必要とされる福祉用具が貸与されます。利用限度額の範囲内で利用料の1割または2割が自己負担となります。

研ライフケア「はごろも」では、福祉用具専門相談員が、ご利用者さまのお身体や症状、住環境に合った、最適な用具を提案させていただいております。種目は①車いす、②車いす付属品(クッションなど)、③特殊寝台(電動ベッド)、④特殊寝台付属品(マットレスなど)、⑤床ずれ防止用具(エアマットなど)、⑥体位変換器、⑦歩行器、⑧歩行補助杖、⑨手すり、⑩スロープ、⑪移動用リフト、⑫自動排泄処理装置、⑬認知症老人徘徊感知機器です。

たとえば、①車いすには、自走用車いす、電動車いす、手押し型車いすがあり、まず、ご希望をうかがい、ご利用者さまのお身体に合うかどうか、本人や介護者が無理なく操作できるかどうか、車いすを使用できる環境にあるかどうか、など相談させていただきます。さらに、②車いす用のクッションやテーブルもご紹介し、決定後、お届けして使用方法を説明します。契約前の「お試し」の利用も可能で、レンタル契約は1か月単位であり、その後も定期的におうかがいして使用状況をモニタリングし、ご利用者さまの状況に合わなくなった時には、より適した用具を提案し、交換もいたします。

特定福祉用具販売

年間10万円(自己負担額1割または2割)を上限として、購入費が支給されます。種目は①腰掛便座、②入浴補助用具、③簡易浴槽、④移動用リフトのつり具、⑤自動排泄処理装置の交換可能部品です。

たとえば、①腰掛便座には、機能ではシャワー付のもの、バケツ洗浄の不要な自動ラップ式のもの、外観では家具調のもの、折りたたみ式のものなど多くの種類があり、排泄に不安のある方のストレスを取り除けるようその方に応じた排泄環境を整えることができます。

住宅改修(リフォーム)

介護が必要になっても住み慣れた自宅で暮らすために必要な住宅改修(リフォーム)にかかった費用の支給を行う制度があり、要介護度に関わらず20万円(自己負担1割または2割)を上限として費用が支給されます。①階段、廊下、浴室、トイレ、玄関に手すりを設置したり、②つまずき、転倒を防ぐために段差を解消したり、③滑らないよう床材を変更したり、④引き戸などへドアの取り換えをしたり、⑤和式便器から洋式便器へ取り替えたりすることができます。在宅介護のためのリフォームには、建築の経験・技術に加えて、福祉・疾病の知識が必要です。研ライフケア「はごろも」では福祉住環境コーディネーター2級の相談員が、プラン作成から工事完了までご担当させていただき、安心、安全、快適な住まいづくりをめざし、介護保険や自治体への申請もお手伝いします。

このような介護保険サービスによる福祉用具、住宅改修の制度を利用して、「ず~っと我が家で安心、安全、快適に」過ごしましょう。