homediホメディ

在宅医療に関わる皆様に
お役立ていただくための
情報サイト「homedi」

私たちの
こだわり介護

訪問看護編
訪問看護ってどんなサービス?
協和ケミカル株式会社 訪問看護リハビリステーション『寄り添い屋』 山内 康史

訪問看護とは、訪問看護ステーションから看護師等が利用者様のご自宅へ訪問し、看護ケアを提供することで、病気や障害を持った人が住み慣れた地域やご家庭でその人らしくいきいきと療養生活を送れるように支援するサービスです。病状や療養生活を看護師等の専門家の目で見守り、適切な判断に基づいたケアとアドバイスで、在宅での療養生活が送れるように支援します。また、医師や関係機関と連携をとり、さまざまな在宅ケアサービスの使い方を提案します。

訪問看護では、看護師、准看護師、保健師、助産師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士がお伺いすることができます。

9:00 朝礼

朝礼です。前日の報告や、本日お伺いする利用者様の予定、申し送り事項等をスタッフ間で確認をします。

9:30 本日1件目のお宅に到着

本日1件目のお宅に到着します。まずは利用者様の状態に応じて体温・血圧・脈拍等を計測し、健康状態をお伺いします。内服薬の飲み忘れや飲み間違いがないようにカレンダーを使ってお薬をセットします。また、お話を聞きながら薬の効果や、副作用が出ていないかを確認します。

11:00 本日2件目のお宅に到着

2件目は発熱があり、食事量が低下したことから一時的に点滴が必要になった利用者様です。医師からの指示に応じてご自宅で点滴を行います。

12:30 帰社・お昼休憩

事務所に戻りお昼休憩。お昼をとりつつ、スタッフと情報共有を図ります。

14:00 本日3件目のお宅に到着

3件目は褥瘡の利用者様です。しっかりと石鹸で洗浄し、傷の大きさや色調を確認します。新たに褥瘡ができないような対策やアドバイスも行います。

15:30 本日4件目のお宅に到着

4件目は入浴介助です。心不全の既往があるため、適切な湯温や入浴時間で心臓に負担がかからないように注意して入浴を介助します。入浴動作のアドバイスも行います。

17:00 帰社

事務所に戻り記録をまとめます。また医師やケアマネジャーなど、各関係機関へ必要事項を連絡し、情報共有をします。サービス内容の再検討が必要な利用者様に関しては、担当者会議の開催を提案します。

これは訪問看護の1日のほんの一部です。
必要に応じて夜間の緊急訪問や休日訪問を行うこともできます。