homediホメディ

在宅医療に関わる皆様に
お役立ていただくための
情報サイト「homedi」

私たちの
こだわり介護

通所介護(デイサービス)編
「こだわり介護で生まれた取り組み・考え方とは…」
株式会社KENKOH デイサービスセンター ケンコー 管理者 梅澤 功樹

皆様こんにちは、幣社は通所介護(デイサ-ビス)の事業所です。
今回は介護保険サービスの居宅サービス [ 自宅で受けるサービス・通所で受けるサービス・短期入所で受けるサービス・介護用具の購入補助や貸与・ケアマネジメント(援助展開方法)等] の中の通所介護(デイサ-ビス)について説明をします。皆様が利用する際に多少の参考となれば幸いです。

さて通所介護(デイサ-ビス)は介護保険事業上同じ名称であっても実際は各々で方向性や取り組みが大きく異なっていることをご存じでしょうか?

例えば介護・認知症予防中心(レクリエーション・軽い運動・脳トレ等)、自立支援中心(専門的な機能訓練等)、医療行為(胃ろう・腸ろう・吸痰等)、認知症ケア(容態に応じた認知症状の対応)が中心など各々で特徴があります。皆様が事業所を選ぶ際にはご本人が必要とする支援をケアマネジャーや事業所の相談員と話し合い、その方に適した事業所を選ぶことが大切です。

一般的に通所介護は入浴・排泄・食事等の介護・自立に向けた機能訓練・孤立感の解消・社会参加・レスパイトケア(家族の身体的精神的負担の軽減)等が役割と考えられており、在宅の方を送迎付きで上記のサービス提供を日替わりに受けられるサービスです。そこで弊社事業所を通して通所介護の一日の流れ、着目する点、更に大切な考え方や取り組みなどについて進めて行きます。

一日の流れ

一日の流れは次の通りです

時間 予定
9:00〜 お迎え ⇒ 到着~開始(手洗い・体温、血圧測定等)
9:30〜 入浴開始
10:00〜 全体体操
10:45〜 個別リハビリ ・ 趣味活動など
11:45〜 口腔体操
12:00〜 昼食
12:45〜 口腔ケア
13:00〜 休憩(自由)
15:00〜 おやつ
15:30〜 全体レクリエーション等
16:30 終了 ⇒ 送り

以上、大まかなスケジュールが全国的にもネット広告等であるように同じ流れです。

しかし、食事・レクリエーション・機能訓練などの内容については各事業所で特徴があり、何処に力を入れているのかを把握する必要があります。そこで何を基準とするのか? そのひとつは関わる職員のライセンスバランスです。通所介護など介護保険事業は人員基準の設定(利用定員10人以上は管理者1名・生活相談員1以上・看護職員1名以上・介護職員1名以上・機能訓練指導員1名以上=利用者数で変更)があり、各々最低限の遵守で運営をしています。

ところが特に力を入れる分野にはライセンスを取得した専門職が必要となり、事業所はそこに資金を投じる、それが特徴のひとつになる訳です。また、その事業所が何を目指しているのか、どのような取り組みをしているのかを見極める目安になります。しかし、大切なのはやはり関わる職員の質で笑顔・優しさ・丁寧・気遣いなどがひとつも感じ取れなければ問題です、介護の基本ですから。

次に取り組みや考え方についてです、積極的な取り組みとして自立支援・中重度認知症ケアの充実を目指しています。自立支援は身体的自立だけではなく精神面の自立など生活全般、ご利用者が生きること全体を支援することへ心掛けています。今していない活動でも機能訓練や声掛けすることで「できる活動」へ移行できる可能性があり、生活のあらゆる場面において「できていた活動」「できるかもしれない活動」など残存機能を引き上げ、ご利用者が日常的に「する活動」がひとつでも多くなることを目指しおります。

その取り組みとしてデイサービスでレクリエーション・機能訓練などにポイントを点けて一定の点数へ達すると、ご本人一番の希望を叶えることが出来るという試みを行っており、これが意外とご利用者のモチベーションを上げる効果に結び付いています。

中重度認知症ケア

次に中重度認知症ケアです。何故認知症対応へ力を入れるようになったのか?
弊社は「如何なる方も受け入れる」を理念のひとつに上げ、日々頑張っております。しかしながら認知症高齢者増大、認知症進行過程において中重度化が進み症状の対応へ苦慮しているのが現状です。

全国的に認知症へ対する方向性は認知症予防・早期診断早期対応などが中心ですが軽度の方も徐々に中重度へ進行して、医療介護財政により大きな負担が生じます。その中でも難しいとされる認知症状のひとつ行動心理症状⇒(徘徊・帰宅願望・暴力・幻覚・不安・不眠等100種類以上)の対応が大きな課題です。

この周辺症状は認知症の進行に伴い、不自由になった日常生活の混乱から起きて来ます。それは認知症の種類・進行速度・本人の性格等が複雑に絡み合うものから生まれる為、対応は困難を要します。特に入居施設系のデイサービス等は在宅生活が難しい方が中心である為、入所時から症状が現れ進行している場合が少なくありません。可能な限り、ケアで対応しますがその領域を超え、医療(薬物治療)へ移行する場合があります。

薬物治療はその方の生活へ大きな影響を与える為、医療(特に医師)との連携が必要とされます。しかし、そこには問題が存在しており、それは薬物治療に対する効果等の情報は在宅では家族、施設では介護職への聞き取りが現状で伝える側の言語・理解力によって大きく異なり信頼性に欠けるのです。医師も限られた診察時間では十分な情報を得ることは難しく、情報不足が処方薬決定へ少なからず影響を及ぼします。

調査機関の医師アンケートで情報不足が多く挙がっておりますが、伝える側は24時間、365日変化する症状の種類・強弱・頻度等を他者(特に医師)へ短時間で的確に伝えることは大変難しいのです。そこで正確な情報を短時間に伝える、「BPSDスケール」という方法を考えついたのです。これは5年前より試行錯誤を重ね考案へ至り、現在は国立大学神経内科学講座により有用性の立証研究へ進みました。内容の一部をご紹介します。

表1

表1はAさん(アルツハイマー型認知症)の入所1ケ月目の容態(行動心理症状が現れている状態を示す)表です。見方は青線(日中)赤線(夜間)で表示しており、(縦列)は症状の強弱を△山の高低(1・2・3の三段階)で確認、回数は(横列)△山の数量で確認します。(日中)(夜間)ともに心理症状よりも行動症状が激しく現れ、情動面も不安定、急な興奮、帰宅願望、暴言、排泄失敗が激しく現れているのを確認できます。言葉では表現が難しい複雑な症状を視覚的に表すことで瞬時に読み取れます。そして表を分析して介護方法等を検討します。

表2

表2はAさんの入所4カ月目の容態(行動心理症状が現れている状態を示す)表です。表1と表2を比較すると症状の回数、 激しさも穏やかになり改善していることを確認ができます。言葉では比較が難しいのですが表にすることで比較ができて誰にでも分かりやすいのです。このBPSDスケールは認知症が進行して行動・心理症状(徘徊・帰宅願望・暴力・幻覚など)が現れた場合に複雑な症状を数値へ変換し、グラフ化することで明確な目安となり、ご家族や医療(特に医師)へ伝えることが簡単になります。必ず認知症の方や関わる方々の役に立つと信じています

「情動=感情」に視点を置く

さて、その中でのこだわりは認知症の方の「情動=感情」に視点を置くという考え方です。認知症の人の「心」は「感情」と密接に結び付いています、「感情」には快・不快(好き・嫌い)の価値判断が伴い、その判断によって回避(避ける・逃れるなど)や接近(近寄るなど)といった行動が起きます。「感情」は五感(視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚)の情報を受けて価値の判断を行い、可能な限り環境に適応できる行動を選択します。つまり感情は生きる為の行動を導く役割を持っているのです。

「感じる」ということには感覚的に感じる場合から「幸せを感じる」「怒りを感じる」など喜怒哀楽の心的状態を表すものまで幾つかの段階があります。認知症の方において大切な「幸せを感じる」という心の状態を知るにはその人の感情面に視点を置くことが大切だと考えたのです。

例えば悲しい時には涙が溢れ、嬉しい時には喜びが満ち溢れたり、激しい怒りの時にも同じように様々な身体的変化が伴います。喜怒哀楽が示される状況に応じて顔の表情は反射的に変化があり、全身緊張、脈拍、呼吸数も早まります。認知症が進行して中重度へ移行した場合や行動心理症状が現れた時に「情動」=「感情」へ視点を置くことで、その人の心の変化(気持ち)を読み取る手立てとなり深い心の理解に繋がると考えました。

以上が認知症の方々から教えて貰い、生まれたこだわり介護の考え方と取り組みです。

このように通所介護(デイサ-ビス)事業所に限らず施設系全般を利用する際には各々の考え方・取り組み・特徴を明確にしているか、そして笑顔・優しさ・丁寧・気遣いなどが事業所全体へ浸透しているかを見極めることがポイントであると考えます。そして認知症の方にとって嬉しい ・楽しい ・心地良い日常、ご本人らしい喜・怒・哀・楽の継続こそが大切ではないでしょうか。
お読み頂きありがとうございました。