homediホメディ

在宅医療に関わる皆様に
お役立ていただくための
情報サイト「homedi」

在宅医療コラム

秋に増える在宅療養の大敵ハウスダスト対策は?

気になる寝たきりの布団の衛生状態

在宅療養では寝たきりの方も多く、布団など寝具の衛生状態が気になっているご家庭もたくさんあるのではないでしょうか。寝具に棲みついたダニの死骸やフンは、室内にたまるホコリやチリなどとともにハウスダストになってしまいます。

ハウスダストの悪影響は秋がピーク

ハウスダストは、くしゃみや鼻水といったアレルギー反応を引き起こすだけでなく、皮膚炎や結膜炎などの原因にもなりかねません。実は、こうしたハウスダストの影響がもっとも出やすい季節は秋なんです。気温と湿度の高い夏場に繁殖したダニが、秋になって一斉に死んでしまうからです。

布団を干したら両面に掃除機を

そこで徹底したいのが、秋のハウスダスト対策。寝室のカーペットなどは排気循環式の掃除機がハウスダストを取り除くのに効果的です。在宅療養の方のご負担にならない程度に窓やドアを開けて、風通しをよくすることも大切です。また布団は、天日干しの後や布団乾燥機を用いた時には、仕上げに布団の両面に掃除機をかけるのがオススメです。

寝具の洗濯・乾燥・消毒サービスも

自治体によっては、寝具類の洗濯や乾燥、消毒を代行してくれるサービス(寝具洗濯乾燥消毒サービス事業)を行っているところもあります。自宅で少しでも快適にお過ごしいただくため、そしてご家族の方のご負担の軽減のためにも、ぜひ一度調べて利用されてみてはいかがでしょうか。