homediホメディ

在宅医療に関わる皆様に
お役立ていただくための
情報サイト「homedi」

在宅医療を受けるためには

退院時カンファレンス

“退院時カンファレンスとは、病院での入院加療を終え、今後自宅にて療養を希望される場合に、病院の主治医と在宅療養を担当する医師との間で患者さんの病態や状況について情報を共有することです。一般的には、退院前に病院で行われます。”
退院時カンファレンスはとても大切で、病院の医師、病棟の看護師、理学療法士、医療ソーシャルワーカーなどの院内スタッフと、地域のかかりつけ医、訪問看護師、ケアマネジャーなど地域の関係者が参加して行われます。
退院前に医師同士で患者さんの病態について直接話し合うことで、患者さんは退院後にも速やかに適切な医療を受けることができます。また、患者さんご自身やご家族と面談することで、困っていることや心配事、自宅での生活への希望を伺うことができ、よりスムーズな在宅医療につなげることができます。

監修:全国在宅療養支援診療所連絡会 会長 新田 國夫