homediホメディ

【homedi(ホメディ)】
在宅医療を担う医療関係者の
皆様向けページです。

医療関係者でない方はこちら

訪問薬剤師の取り組み

  • 7. 主治医が期待する「患者様のハッピーを支える」薬剤師の関わり方

    京都府舞鶴市でひとり暮らしの生活を送るAさん(60歳台)はパーキンソン病の治療中。パーキンソン病はきちんと服薬することで症状を抑えられる反面、服薬を怠ると悪化する疾病で、在宅での生活には服薬は大きなカギとなる。

  • 6. eお薬さん®の導入で服薬面の不安がなくなり在宅を継続する見通しが立った

    在宅で療養生活を送るひとり暮らしの患者様にとって服薬に関する不安は決して小さなものではない。生活のリズムがなかなかとりづらくチェックしてくれる人もいない場合には、服薬の大切さはわかっていても飲み忘れや服薬方法を誤ってしまうこともあるだろう。不適切な服薬はかえって逆効果となることもある。

  • 5. 人間関係を育み、一人ひとりに合った服薬支援で在宅生活を支える

    海を臨む絶好の景色と、冬暖かく夏涼しい過ごしやすい気候で知られる和歌山県白浜町。長年ここに住むKさん(87歳)は、2人の子どもが独立し妻を亡くして以来ひとり暮らしを続けている。

  • 4. 服薬支援機器「eお薬さん®」で在宅服薬コンプライアンスが改善
    栄養指導を含めた健康サポートを実践

    「やさしいおくすりやさん」を標榜するAPEXグループの青横ファーマシー薬局大井町店は、地域住民を対象にした健康教室や簡易血液検査の実施など、処方箋調剤に止まらないより広範な健康サポート事業を積極的に進めている。

  • 3. 認知症でも最期まで住み慣れた地域で

    「最期まで住み慣れた自宅で暮らしたい」。在宅で暮らす多くの高齢者から聞かれる言葉である。しかし独居や高齢者のみで暮らしている方などは認知機能が衰えてくると、その望みをあきらめざるを得ないことも多い。

  • 2. 訪問薬剤師の専門性を生かし患者さんの人生の伴走者になる

    住み慣れた自宅で療養生活を送る高齢者が増えてきているが、在宅療養を続ける上で必須になるのが毎日の服薬をきちんと管理することである。患者さんの生活を支えるために、訪問看護や介護に加えて薬剤師による訪問服薬指導も増加している。

  • 1. 地域から求められる薬局・薬剤師〜eお薬さん®の活用〜

    薬剤師が専門職として患者さんのために何を行うべきか。保険薬局が地域のために何を行うべきか。薬剤師が「かかりつけ」としての役割・機能を発揮するためには、調剤業務など薬局内業務だけではなく、在宅医療やアウトリーチなど薬局以外の場所での業務を行うことが求められている。